会長挨拶)岩元善巳同窓会長/46G)

魚水会会長 岩元 善巳(46漁)
力強い『魚水魂』でコロナを吹き飛ばしましょう。
 明けましておめでとうございます。令和4年(2022)も明けて新しい年がスタートしました。振り返れば過去2年間は日本にとり世界にとって大変な年でした。東京オリンピックも1年延期してなんとか無観客で開催できたもののコロナに脅え、昭和39年(1964)の東京オリンピックの盛り上がりとは比較も出来ない寂しい大会になりましたが、たくさんのメダルを獲得することが出来ました。アスリートにとって4年に一度のオリンピックは他の大会と比較にならないものです。  令和3年(2021)菅政権から岸田政権へ替わりましたが、なんとか明るい世の中になって欲しいものです。 鹿児島大学関係行事も昨年1月からコロナウイルスの影響で例年、行われている卒業式やそれに伴う魚水会賞表彰式や入学式、同窓会連合会総会、鹿児島大学OBゴルフ大会や秋の恒例の『もどっきゃんせDAY』など大きなイベントが軒並み中止か縮小に追いやられてしまいました。今年はなんとか開催出来るようにしたいものです。 さて、17年前までは鹿児島だけで魚水会全国総会、理事会を開催していたのですが、福岡、北九州、関門下関の会員の「是非、福岡で総会を開催したい」との熱い思いが実り平成17年(2005)に『魚水会全国総会2005福岡』が開催され大成功を収めました。その後、順調に鹿児島、東京、大阪とローテーションが完成し現在に至っています。前回の魚水73号では皆様に総会を6月からコロナ禍の収まるであろう令和3年11月6日(土)に延期して実行するとお知らせしましたが、コロナ旋風が収まる気配は見受けられず、やむなく中止にし、令和3年(2021)11月27日(土)の理事会を総会に兼ねて全国の理事に参集してもらいました。全国の理事の皆様から活発な意見が出され成功裏に開催できました。 次の総会は1年半後の令和5年(2023)6月に改めて福岡において開催することも決まりました。又、3年半後、令和7年(2025)6月には鹿児島で80周年記念大会も開催することが決まりました。会員の皆様の持ち前の力強い『魚水魂』で両大会とも成功させたいものです。是非、全国の会員の皆様、万障お繰り合わせの上、ご参加ください。 また24年後の100周年記念大会には後輩の為にある程度の基金を残して行きたいとのことも確認されました。 魚水会では以前より若い会員、女性会員を積極的に参加して貰う為に、各支部総会には卒業後3年までは一人5,000円、その後の女性会員には2,500円を本部から支援しますので、是非、参加を促してください。 なお、魚水会が中心になって始めた全国の総合大学で唯一、鹿児島大学だけの『鹿児島大学OB全学部ゴルフ大会』は毎年4月に開催していますが、コロナ禍の為に令和2年(2020)40回大会、令和3年(2021)41回大会は中止を余儀なくされました。今年、令和4年(2022)42回大会は昨年12月17日の全学部実行委員会において工夫して4月17日(日)に鹿児島蒲生カントリークラブで開催したいと思います。全国から多数の会員の皆様の参加をよろしくお願いします。 まだまだコロナ旋風は鎮まりそうにありませんが、感染しないように万全を期してコロナも皆さんの力強い『魚水魂』で吹っ飛ばしましょう。 皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。

Copyright(c) 鹿児島大学水産学部 同窓会 魚水会 http://www.gyosui.net/